2020.06.27

稲本潤一が久保建英を絶賛。
「当時の僕より確実に伸びしろがある」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

SC相模原・稲本潤一インタビュー@後編

 イングランドの名門アーセナルを皮切りに、ウェールズ、トルコ、ドイツ、フランスと欧州のクラブで9年間プレーした稲本潤一は、2010年に帰国。その後、川崎フロンターレで5年、北海道コンサドーレ札幌で4年プレーし、2019年からJ3のSC相模原に籍を置いている。

「SC相模原・稲本潤一インタビュー@前編」はこちら>>>
「SC相模原・稲本潤一インタビュー@中編」はこちら>>>

海外組の先駆者である稲本潤一に今の状況を聞いた 日本を離れてヨーロッパで戦ってきた先駆者として、稲本は現在の海外組をどう思っているのか。

「いいことだとは思います。それこそ高校卒業して、そのままヨーロッパに行く選手もいますからね。僕が行った頃と比べれば、受け皿が広がっているし、移籍のチャンスが増えたことは間違いなくいいことだと感じています」

 ただし……と、稲本は言葉をつないだ。

「それで日本代表が強くなったかと聞かれれば、別の問題かなと。僕の頃は代表選手がヨーロッパに行ける時代でしたけど、今は逆で、ヨーロッパに行ったから代表に入れてみよう、というケースが増えている気がしますね。