2020.06.25

40歳の稲本潤一に聞く。
カズ超えまでプレーする可能性は?

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

SC相模原・稲本潤一インタビュー@前編

 新型コロナウイルスの影響であらゆるスポーツの活動が休止となるなか、最近は過去の名シーンを振り返る映像や文章を見る機会が増えた。当時の情景を思い出し、胸躍るような興奮や感動が蘇った方も少なくはないだろう。

24年目のシーズンを迎える稲本潤一に今の心境を聞いた 2002年の日韓ワールドカップを題材としたものも多かった。

 なかでも主役としてクローズアップされたのは、ベルギー戦、ロシア戦と2試合連続ゴールを決めた稲本潤一だろう。人差し指を自らに向けて「俺が決めたんだ」と誇らしげにアピールする姿は、あの大会のハイライトとして今も脳裏に焼きついている。

 あれから18年の月日が流れた。当時22歳のヤングスターは、すでに40歳となった。現在はJ3のSC相模原に籍を置き、現役を続けている。

 母国開催のワールドカップで国民的英雄となり、欧州でも十分なキャリアを積んだ。多くの栄光を掴み取り、充足感もあるだろう。にもかかわらず、稲本はサッカー選手であることを辞めようとはしない。