2018.04.20

奇跡の天皇杯優勝。「フリューゲルスが
理想のチーム」と三浦淳寛は言う

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki


フリューゲルスのようなチームを作りたいと語る三浦淳寛氏 三浦はフリューゲルス時代の経験を、これから指導者やフロントのスタッフとして生きていくなかで活かしていきたいという。

「フリューゲルスは、本当に家庭的なチームで、みんな個性的で仲がよく、早く練習に行きたいって思えるようなチームだった。弱いチームだと『練習、面白くねぇ~』とか選手はよく言っているけど、フリューゲルスの練習は楽しくて、みんなとずっとサッカーをやっていたいと思えた。

 自分が指導者などになったとき、そういうチームを作りたい。それを理想にしているのは、フリューゲルスがあったからなんです」

 フリューゲルスという名前の意味は「翼」。その名のとおり、選手たちはプレーしていたときも、引退した今も、自由に羽ばたく精神を受け継いでいる。

(おわり)

◆フリューゲルス消滅、アツは「天皇杯で優勝すれば…」と奇跡を信じた>>

◆福田正博が語る「世界で一番悲しいゴール」の舞台裏>>

◆カズとW杯メンバー落選。「衝撃の通告」をめぐる真実を北澤豪が激白>>

関連記事