2018.01.17

福田正博の心に残るもの。
「世界で一番悲しいゴール」を決めた後で…

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第4回
世界で一番悲しいVゴールを決めた男~福田正博(3)

証言・福田正博、前回の記事はこちら>>

 1999年J1リーグセカンドステージ第15節。浦和レッドダイヤモンズvsサンフレッチェ広島の試合は、0-0のまま終盤を迎えていた。

 14位の浦和は、13位アビスパ福岡、15位ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)とJ1残留を争っていた。前節終了時点での年間勝ち点は、福岡が28、浦和が26、市原が25。延長Vゴール方式が採用されていた当時、90分以内の勝利が勝ち点3、Vゴール勝利が勝ち点2、引き分けが勝ち点1となり、このまま延長戦に突入してしまうと、福岡は横浜F・マリノスに負けているものの、浦和が得失点差で劣るため、もはや追いつけなくなる。

 一方、市原はガンバ大阪相手に1-0とリードしていた。浦和は90分以内で決着をつけなければ、得失点差で勝る市原に抜かれて、その時点でJ2降格が決定してしまう。

 後半42分頃、福田正博はベンチを見た。

 ベンチに何も動きがなかった。おそらく市原が勝っているのだろう。ということは、90分間で決着がつかなければJ2に降格することになる。

 このまま終わってしまうのか……。気持ちが焦れば焦るほど、ゴールは遠くなった。

 しばらくして、レフリーの笛が鳴った。

 福田は再びベンチを見た。

 ベンチから「×」印のサインが出た。J2降格が決定した――。

 福田はその瞬間、全身の力が抜けたという。

「その試合が終わったというより、長く、苦しいシーズンが『終わったなぁ』と思った。悔しいとか、情けないとかじゃなく、ただ『終わってしまったんだなぁ』って、それだけだった」