2018.01.18

玉田圭司に聞くJ1昇格。
「風間さんほど細かい技術的指導は初めて」

  • 井川洋一●文text by Igawa Yoichi

【玉田圭司インタビュー 前編】

 風間八宏新監督のもと、1年でJ1復帰を果たした名古屋グランパス。昨オフに古巣へ復帰したストライカーの玉田圭司も、昇格に大きく貢献した選手のひとりだ。

 年が明けて2018年1月、玉田は自身がプロデュースする千葉県のフットサルコートでサッカースクールを開き、少年たちと一緒にボールを蹴っていた。ここ数年で恒例となっている”初蹴り”を終えた38歳のレフティに、自身の移籍や、プレーオフを経て昇格を達成した1年を振り返ってもらった。

昨季、名古屋のJ1復帰に貢献した玉田圭司(中央)photo by getty Images――昨季は、名古屋がクラブ史上初の2部リーグを戦っていましたが、そこでチームに帰還したのが玉田選手でした。そして見事に1年での昇格を果たしたわけですが、振り返ってみてどんなシーズンでしたか?

「名古屋を去って何年か経ち、戻ってきたチームには一緒にプレーしていた選手がほとんどいなかったんです。帰ってきたことは事実だけど、また別のチームに来たような感覚でした。僕以外にも新戦力は多かったし、監督も代わって、イチからのスタート。でもそこから、徐々にチームとして成り立っていき、結果的に昇格できて本当によかったです」

――特に印象に残っている試合といえば?

「終盤のホームでの湘南戦(10月15日・第37節)ですかね。群を抜いて首位を走っていたチームを相手に、内容の伴う逆転勝利を収められた」

──その試合は玉田選手の逆転ゴールで勝ちました。

「チーム全員の力でつかんだ勝利ですね。アウェーで負けていたから、誰もが『次は絶対に勝ちたい』と強い気持ちを持って臨んだ結果です」