2018.01.19

W杯ブラジル戦でゴールを決めた
玉田圭司が考える、ハリルJの戦い方

  • 井川洋一●文text by Igawa Yoichi

【玉田圭司インタビュー 後編】

 玉田圭司といえば、2006年のドイツW杯でブラジルから奪った、豪快な先制点を思い出す人も多いだろう。

 インタビューの前編では所属先の名古屋グランパスとJリーグについて語ってもらったが、戻ってきたJ1の舞台で注目を集めるようになれば、再び日の丸を背負う可能性はゼロではないはずだ。

“W杯イヤー”が始まった今、玉田本人も「まだ諦めていない」というロシアW杯と日本代表について聞いた。

2006年のドイツW杯で、ブラジルから先制点を奪った玉田圭司 photo by Getty Images

――今年はロシアでワールドカップが開催されます。玉田選手は2006年ドイツと2010年南アフリカの2大会に出場し、ドイツ大会ではブラジル戦で見事な先制点を叩き込んでいます。まずはあのシュートの瞬間を振り返ってもらえますか?

「だいぶ前なんでねえ(笑)。あの後にこういう質問は何度か受けたんですけど、ほとんど覚えていないんですよ。もちろん、シュートを打つ時に見えた光景とかは頭に残っていますが、そこまでの動きなどは映像で見返して、『あ、こんなだったんだ』とわかったくらい。完璧に試合に集中していたからだと思います。本能的なものというか」

――このシュートのほか、2004年のアジアカップ決勝でもゴールを決めています。大舞台が好きなんですか? 

「そういう試合の方が燃える、というのはあります。『やってやろう』という感じで。もちろん、他の試合に気持ちが入らないわけではないんですけどね(笑)