2018.01.16

内田篤人からの電話に絶句した
清武弘嗣。日本復帰の可能性は前にもあった

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Takashi Aoyama/Getty Images

 7年半ぶりに鹿島アントラーズに復帰した内田篤人が会見などで発言している「鹿島を出るときから、体が動くうちに戻ってきたいと思っていた」という言葉は、偽らざる本音だ。

鹿島アントラーズで記者会見に出席した内田篤人 内田は2014年2月に右膝の腱を断裂。いったんは復帰し、ブラジルW杯では3戦にフル出場したものの、2015年6月、今度は右膝関節の骨棘(こつきょく)を取り除く手術を行なった。このリハビリは思いのほか長引き、公式戦復帰は2016年12月までずれ込む。2017年前半はシャルケで、後半はウニオン・ベルリンで過ごしたが、わずかな試合出場にとどまった。

 復帰の途上とはいえ、小さなケガをするたびに「引退」の2文字がちらつき、「それならば少しでもできるうちに鹿島で……」と思ったという。その一方、一度は欧州のトップレベルでプレーした選手である。もう一度、欧州の勝負の土俵に上がりたいという気持ちも強い。負けず嫌いな内田は2014年以降、ふたつのアンビバレントな思いを抱えながらプレーしてきていた。

 日本に帰るか、帰らないか。それは内田にとって常に大きなテーマだった。