2018.04.20

奇跡の天皇杯優勝。「フリューゲルスが
理想のチーム」と三浦淳寛は言う

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第5回
横浜フリューゲルス消滅の舞台裏~三浦淳寛(3)

◆第1回から読む>>

 横浜マリノスへの吸収合併が正式に調印され、”チーム消滅”が決定的となった横浜フリューゲルス。天皇杯の初戦(3回戦)の大塚FC(現・徳島ヴォルティス)戦を前にして、ゲルト・エンゲルス監督は選手たちに問いかけた。

「最後の天皇杯は、レギュラーメンバーではなく、(移籍先を探す)アピールのために、普段試合に出てない選手を中心にして戦ったほうがいいか?」

 実は監督の話の前に、選手たちの間で「今後のために(天皇杯では)試合出場の少ない若手選手中心でメンバーを組んで、アピールの場にしてもいいのではないか」という声が上がっていた。

 だが、いざ監督から言われると、デリケートな問題ゆえ、選手たちは口を閉じ、しばらく沈黙の時間が流れた。

 控え組の選手たちは、プレーしたいが、はたしてそれが本当にチームのためになるのか、考えていた。レギュラークラスの選手たちは、控え組の気持ちや状況を理解し、監督がそうと決めたなら、それでも構わないと思っている選手が多かった。

 選手たちが押し黙っているなか、エンゲルス監督が口を開いた。

「僕は勝ちたい。最後まで勝ちにいきたいし、フリューゲルスの強さを見せたい」

 涙を流しながら、エンゲルス監督はそう選手たちに訴えた。

 指揮官の熱い思いに選手たちは胸を打たれたのか、そこから選手たちから意見が出るようになった。その際、三浦淳寛(※現役時の登録名は三浦淳宏)が驚いたのは、救済されるべき控え組の若手から発せられた声だった。

「僕らのことはいい。最後まで強いフリューゲルスを見せていきましょう。優勝しましょう」