2021.08.19

「本気の世界とは圧倒的な差がある」U-24日本代表がまたも思い知らされた壁

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐藤博之●撮影 photo by Sato Hiroyuki

U-24日本代表、選手たちの言葉で綴る
「東京五輪・激闘録」(後編)

◆第1回はこちら>>

 グループリーグ3連勝での決勝トーナメント進出。これ以上ない結果に、目標の金メダル獲得への気運は自然と高まっていた。

「チームの総合力で勝てた。いつもうるさいチームなので、特に雰囲気がいいのか、悪いのか、区別しづらいけど(笑)」(堂安律)

 ここまで日本の試合は、すべて20時以降のキックオフ。試合会場は東京周辺に限られており、ホームアドバンテージもうまく味方につけている。

「移動は全部1時間半以内に収まっている。ロンドン五輪の時はバスで5時間だったり、それ以上の時もあった。比にならないくらい、移動距離は軽減されている。サッカー以外のことでストレスを減らしてもらえるのはありがたい」(酒井宏樹)

 だが、ここから先は一発勝負のトーナメント戦。負ければ、その瞬間、金メダルへの道は閉ざされる。

「相手がどこだろうと、最初は0-0から始まる。勝つ確率はどこも変わらない。思うようなゲームにならないかもしれないし、先に失点するかもしれない。でも、最終的に勝てば、PKでも大差でも何でもいい。勝って先に進むことが大事」(田中碧)

 決勝トーナメント最初の相手は、ニュージーランド。今大会出場国中、FIFAランクでは最下位だが、気を抜くことは許されない。

「僕らがフランスに4-0で勝ったように、向こうも気にしていないと思う。A代表ではなく、U-24代表なので、FIFAランクは無視していい」(堂安)

 7月31日、カシマスタジアム。ベスト4進出をかけ、ニュージーランドとの準々決勝である。

 日本は立ち上がりこそチャンスを作るも、10分に遠藤航がこの試合最大の決定機を逃すと、徐々に攻撃が停滞。試合はこう着状態となった。

「自分のところで決め切れていれば、というのはあるが、グループリーグで散々前の選手に点をとってもらって助けてもらっていたので、今日は後ろが我慢するゲーム展開だった」(遠藤航)

 3日前に札幌での試合を終え、鹿嶋に長距離移動してきたニュージーランドだったが、それでも動きが落ちる様子はない。

「(ニュージーランドは)最後まで絶対あきらめずにやるだろうという予想はあった。僕らも最後まで(気を抜かず)やろうと思っていた」(冨安健洋)