2021.08.19

「度胸試しなら負けないぞ」U-24日本代表の選手たちは東京五輪で何を語ったか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 早草紀子●撮影 photo by Hayakusa Noriko

U-24日本代表、選手たちの言葉で綴る
「東京五輪・激闘録」(前編)

 やれることはすべてやった――。試合を終えた選手たちの表情には、そんな充実感が漂っていた。

 スペインとの親善試合を1-1の引き分けで終え、これを締めくくりに事前キャンプを完了したU-24日本代表。東京五輪本番が間もなく始まる。

「準備期間は1カ月ほどあったが、あっという間に過ぎた。大会が始まれば中2日で試合。あっという間に終わると思う」(中山雄太)

「スペイン戦が終わり、(五輪用に)練習着が変わったりして、いよいよ始まるなという感じ。気持ちは変わらずやれればいい」(遠藤航)

「もうここまでくると、心のケアと頭の中をクリアにして挑むだけ」(堂安律)

 日本の金メダルを目指す戦いは、東京スタジアム(味の素スタジアム)でスタートする。

「東京五輪(の招致)が決まったのが、2013年9月。その時から心の中で『絶対出るんだ!』と思っていた。(東京スタジアムは)小さい頃、1000円くらい握りしめて、ひとりで試合を見に行っていたスタジアム。無観客だが、いろんな人の光になれるようにがんばりたい」(相馬勇紀)

 7月22日、東京スタジアム。大事なグループリーグ初戦の相手は、南アフリカである。

「選手として試合に使ってもらうのは幸せなこと。代表のシャツを着て、五輪に出られるのは普通のことじゃない」(林大地)

「1年前は、まさか自分が五輪の舞台に立っているとは想像していなかった」(谷晃生)

 試合序盤、日本は5バックで守りを固める南アフリカを攻めあぐねた。

「正直5バックのほうがやりにくさはある。試合が始まってすぐ、『めんどくさい相手だな』と感じていた」(田中碧)

 日本は攻撃に苦しむばかりか、次第に相手の攻撃を許す場面が増え、試合の流れを引き寄せることができなかった。

「前半はセーフティーにいきすぎたところがあった。相手が(DFを)5枚にしてくるかもしれないのはわかっていたので、そこをどう突破できるかがカギだった」(吉田麻也)