2021.07.20

日本は男女ともにメダルのチャンス!? 五輪サッカーの行方を占う「七不思議」

  • 宝田雅樹/National Football Teams-Results●文&データ
  • text&data by Takarada Masaki/National Football Teams-Results

東京五輪が7月23日に開幕する。それに先立って、サッカー競技は女子が7月21日に、男子が7月22日に初戦を迎える。今回は地元開催となる日本のメダルが期待されるが、その可能性を占う(?)五輪サッカーにおける「七不思議」を紹介したい。

前回のリオデジャネイロ五輪ではブラジルが初の金メダルを獲得した。photo by UPI/AFLO前回のリオデジャネイロ五輪ではブラジルが初の金メダルを獲得した。photo by UPI/AFLO この記事に関連する写真を見る ◆五輪優勝のトレンドは中南米勢にあり!?
 男子W杯優勝国は過去21大会でわずか8カ国だが、五輪サッカーは公式種目となってからの過去24大会で18カ国と、数多くの国が金メダルを獲得。W杯の優勝国が南米と欧州のみ、という状況に対して、五輪はアフリカや北中米からも王者が誕生している。

 また、W杯では直近4大会で優勝国を出している欧州勢が、五輪では1992年バルセロナ五輪におけるスペイン優勝以来、頂点に立つことができていない。翻(ひるがえ)って、近年の五輪で強いのは、中南米勢。アルゼンチン(2004年アテネ五輪)、アルゼンチン(2008年北京五輪)、メキシコ(2012年ロンドン五輪)、ブラジル(2016年リオデジャネイロ五輪)と、過去4大会連続で中南米勢が優勝を飾っている。

 今大会も、これらアルゼンチン、メキシコ、ブラジルが金メダルの有力候補と言える。


◆強豪ドイツの五輪における意外な戦績
 男子W杯の優勝経験国8カ国のうち、五輪の金メダルとは縁がないのが、意外にもドイツ。前身の西ドイツを含めて、優勝はない(※東ドイツは1976年モントリオール五輪で優勝している)。W杯優勝4回、ユーロ優勝3回という輝かしい経歴とは裏腹の成績だ。五輪にはおいて、そこまで強豪視しなくていいかもしれない。

 ちなみに、W杯優勝5回を誇るブラジルも、五輪では長らく頂点に立つことはできなかったが、13回目の出場となった前回大会でついに栄冠を獲得。ジンクスを打ち破った。                

【五輪におけるドイツの成績】※西ドイツ時代も含む。東ドイツは含まない
1912年ストックホルム大会=初戦敗退
1928年アムステルダム大会=ベスト8
1936年ベルリン大会=ベスト8
1952年ヘルシンキ大会=4位
1956年メルボルン大会=初戦敗退
1972年ミュンヘン大会=2次リーグ敗退
1984年ロサンゼルス大会=ベスト8
1988年ソウル大会=3位
2016年リオデジャネイロ大会=準優勝