2019.03.07

なでしこはコミュニケーションが濃い!
ベテランがピッチ内外でフル稼働

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 ワールドカップ本大会で同組のイングランドを迎えた、シービリーブスカップ(SheBelieves Cup/アメリカ開催)最終戦は0-3で日本が惨敗した。

イングランド戦でセンターバックを務めた大賀理紗子と話し合う鮫島彩 初戦で世界ランク1位のアメリカに引き分けられたのは、攻撃面の成長も大きいが、最大のポイントは最終ラインにあった。市瀬菜々(ベガルタ仙台L)の離脱によって直前に作られた急造の守備陣ではあったが、左に有吉佐織(日テレ・ベレーザ)、センターバック(CB)に鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)、熊谷紗希(オリンピック・リヨン)、右には断トツの安定感を持つ清水梨紗(日テレ・ベレーザ)を並べることで、アメリカの猛攻を跳ね返す策が見えた。そこが安定することで、ボランチに入った杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)、松原有沙(ノジマステラ神奈川相模原)の若手2人は、自分たちのプレーに集中することができた。

 続くブラジル戦では最終ラインに新戦力が配置されたが、代わって守備のカバーに長けた宇津木瑠美(シアトル・レインFC)、攻撃の起点になる中島依美(INAC神戸レオネッサ)、籾木結花(日テレ・ベレーザ)を中盤に置くことで、より攻撃をブラッシュアップしていった。実際、攻め込まれてもボランチが的確にカバーに入り、跳ね返している間にうまく攻撃がはまって、しのぎ切って勝利した。