3発快勝にも、杉山氏が指摘。
森保ジャパンの「色」が見えない

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 西村尚己/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

 可能性が一番高いのは中島だろうか。同じく小兵アタッカーの堂安より半端なプレーが少なく、やりきる力、高い完遂能力を感じる。得点の気配を感じさせるプレーができているように見えた。

 とはいえ中島のポジションは、乾貴士、原口元気、宇佐美貴史など、ライバルが多くひしめき合う最大の激戦区だ。南野もここに回る可能性がある。日本のストロングポイントとも言える。

 しかし、3-4-2-1を採用すると、このポジションの選手はおそらく2シャドーの一角となり、役割は不明瞭になる。話は監督問題に戻ってしまうのだ。森保監督で大丈夫なのか。心配だ。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る