2015.07.16

原口元気「ロシアW杯では自分が日本代表の『主役』でありたい」

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun

原口元気インタビュー(後編)

前編はこちら>

 先の、2018年ロシアW杯のアジア2次予選(6月16日vsシンガポール)に挑んだ日本代表に、原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)が選出されたのは、ちょっとしたサプライズだった。というのも、ハリルホジッチ監督になって最初の活動となる3月の親善試合、チュニジア戦(2-0)とウズベキスタン戦(5-1)に臨んだメンバーに選出されず、ハリルホジッチ監督が4月に欧州行脚を敢行した際の、「欧州組」を集めた食事会にも呼ばれていなかったからだ。

 4月に入ってから、所属のヘルタ・ベルリンでレギュラーを奪取。スタメンで奮闘してきたことが評価されたのだろう。原口は2013年7月の東アジアカップ以来となる、日本代表入りを果たした。

ハリルジャパンでの飛躍が期待されている原口元気。photo by Masuda Yuichi 朗報を受けた原口は、サイドでいかにプレイするか――代表チームに合流する前から、イメージを膨らませていた。

「監督の会見で、自分をサイドで使いたい、という話を聞いていましたから。3月の2試合を見たりして、自分の中で代表でのサイドのプレイをイメージしていました。ドリブルや走力、スプリントの回数で(他の選手との)違いを見せられれば、と思っていましたね」

 だが、日本代表で原口に与えられたポジションは、サイドではなく、トップ下だった。所属するヘルタ・ベルリンでは理想とするポジションだが、日本代表では求められるモノがまったく異なる。しかも、代表の試合映像で見て、ハリルホジッチ監督が思い描くサイドプレイヤーのイメージと、自分のプレイは合致していると感じて、代表でのプレイを楽しみにしていた。それだけに、「トップ下」というポジションを割り当てられたことは、驚きであり、ショックでもあった。