2015.07.17

U-15代表遠征メンバー入りの元バルサ久保建英は香川真司タイプ?

  • 長瀬友哉/フォート・キシモト●撮影 photo by Nagase Yuya/PHOTO KISHIMOTO

 7月20日からタイ遠征を行なうU-15日本代表(2017年のU-17W杯出場を目指す)のメンバーが15日に発表され、FC東京U-15むさし所属の久保建英(たけふさ)も名を連ねた。

 ご存知のように、名門バルセロナの下部組織で将来を嘱望されていた久保。だが今春、バルセロナが犯した移籍に関する規則違反により、18歳になるまで公式戦出場の道が閉ざされることが判明し、苦渋のすえに退団、そして日本への帰国を決断した。新天地として選んだのがFC東京の下部組織、FC東京U-15むさしだった。

湘南ベルマーレU-15小田原戦に出場した久保建英(FC東京U-15むさし) 久保は5月31日に日本での公式戦デビューを果たすと、その試合でゴールを決めるなど、さっそく才能の片鱗を見せている。その一方、”最も有名な13歳のサッカー選手”“日本のメッシ”に報道が過熱、その悪影響も心配されていた。クラブ側もその点を考慮し、取材を制限するなど、久保とチームに落ち着いてサッカーに打ち込める環境を与える努力を続けている。

 帰国直後に比べてその名前を耳にすることが少なくなったのもそのためだが、その間にも彼は、少しずつ新しいチームに馴染んでいるようだ。