DeNAのドラフト1位ルーキー・松尾汐恩が受けたプロの洗礼 「このピッチャーを打てなければ上で通用しない」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Koike Yoshihiro

松尾汐恩〜Catch The New Era 第3回

 日々、新しい経験と発見。プロの世界に飛び込んで5カ月以上の月日が経過したDeNAのドラフト1位ルーキーの松尾汐恩は、以前よりも少しだけ精悍になった表情を見せて言った。

「成長できている実感はありますし、いい一日一日を過ごせていると思います」

 ファームでの打席数も140を超えてきたが、数を重ね手応えはどうだろうか。

「最初はやはり慣れていない部分も多かったのですが、だんだんとプロのボールに目が慣れ、少しずつですが対応できるようになってきましたね。真っすぐも速いし、変化球もキレがあるので戸惑うこともあったのですが、やっと"自分の間(ま)"を意識してバットが振れているのかなって」

大阪桐蔭時代は高校通算38本塁打のスラッガーだった松尾汐恩大阪桐蔭時代は高校通算38本塁打のスラッガーだった松尾汐恩この記事に関連する写真を見る 右腕の脇を開いた大きな構え。少しだけ外に開いた左足をスッと引き上げタイミングを計り、ヘッドを効かせてスイングをする。フォームそのものは高校時代とあまり大きな差はないように感じられるが、どのように自己評価しているのだろうか。

「学生時代と比べると、少しコンパクトになったと感じています。大事なのはタイミングだと思うので、日々、そこを探りながらやっていますね。始動に関しては、以前とあまり変えず、自分の間を長くとりたいので、少し早めにとるようにしています」

 しっかりとボールを呼び込んで、自分のポイントで鋭く振りきる。

「どうしても振り負けてしまうこともあるので、とにかく自分の間で強く振ることは意識していますね」

【大阪桐蔭の先輩から公式戦初アーチ】

 松尾のここまでのファーム成績は、43試合に出場し打率.277、本塁打4(6月14日現在、以下同)。5月20日のロッテ戦(市原)では、公式戦初のホームランを放っている。相手投手は大阪桐蔭の先輩である澤田圭佑。8回表、3対5のビハインド、無死ランナー二塁の場面、初球のカットボールを捉えレストスタンドへ。同点の一発だった。

「自分が一番びっくりしました」

 そう言うと、松尾は笑みを見せた。

「次につなごうという意識でしたが、気持ち的にも一発出たことによって落ち着いたというか、自分のスイングをすればスタンドインするんだと。いいイメージを持つことができましたね」

1 / 4

プロフィール

  • 石塚 隆

    石塚 隆 (いしづか・たかし)

    1972年、神奈川県出身。フリーランスライター。プロ野球などのスポーツを中心に、社会モノやサブカルチャーなど多ジャンルにわたり執筆。web Sportiva/週刊プレイボーイ/週刊ベースボール/集英社オンライン/文春野球/AERA dot./REAL SPORTS/etc...。現在Number Webにて横浜DeNAベイスターズコラム『ハマ街ダイアリー』連載中。趣味はサーフィン&トレイルランニング。鎌倉市在住

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る