2022.07.27

DeNA入江大生が牧秀悟のすごいと思うところ「どんなことがあっても最前列で声を出し、一喜一憂しない」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Sankei Visual

DeNA牧秀悟×入江大生 同期対談(前編)

 前半戦、首位ヤクルトに12.5ゲーム差のDeNAだが、42勝45敗2分で4位につけており、クライマックス・シリーズ(CS)進出に大きな可能性を残している。そんなチームを牽引しているのが、牧秀悟と入江大生の同期入団のふたりだ。プライベートでも大の仲良しというふたりに、ベイスターズの今、お互いのことについて語ってもらった。

5月5日の試合でプロ初勝利を挙げた入江大生(写真左)と4打点をマークした牧秀悟5月5日の試合でプロ初勝利を挙げた入江大生(写真左)と4打点をマークした牧秀悟 この記事に関連する写真を見る

今年の入江には強い覚悟を感じる

── 同じ年齢で同期入団のふたりですが、非常に仲がいいと聞いています。

牧秀悟(以下・牧) 間違いないですね(笑)。

入江大生(以下・入江) あらためてこうやって対談するのって恥ずかしいよね(笑)。だけど、秀悟とはほんとにいい関係を築かせてもらっています。

── 前半戦を振り返ってもらいたいのですが、まず開幕から4番を任されてきた牧選手、お願いします。

 開幕してからしばらくはいい形で成績を残すことができたのですが、6月に入ってからなかなか打率を上げることができませんでした。ただ前半戦の終盤、チームの状態はとてもよかったので、もうひと踏ん張りというか、後半戦もこの調子で頑張っていけたらと思っています。

── 入江投手は今季からリリーバーとしてブルペンに入っていますが、ビハインドでの登板から火消しまで大切な役割を担っています。

入江 ルーキーイヤーの昨年は、結果というよりもケガもありマウンドに立つことができませんでした。ですから今季は、どんな場面であったとしても投げられる、試合に貢献できることはすごくうれしいですし、本当やりがいを感じています。僕はどんな場面でも投げる可能性があるので、常に緊張感を持ちながらブルペンで過ごしています。マウンドに上がると秀悟とか野手の方々が積極的に声をかけてくれるので、ひとりで投げているっていう孤独感はあまり感じていません。

 去年、大生はなかなか結果を残せなかったけど、ただ今年は「中継ぎでやるんだ!」という強い意志や覚悟を、うしろで守っていても感じるんだよね。どんな場面であっても気持ちと気迫を込めて投げている。ものすごい剛速球をバンバンと。今は出てくるのが同点とか火消しだから、そろそろリードの場面で出てきてほしいなあ。

入江 期待に応えられるよう頑張るよ(笑)。