2022.07.27

DeNA牧秀悟が入江大生の私生活に「本当にこういう人がいるんだ。独特の美学を感じる」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Koike Yoshihiro

DeNA牧秀悟×入江大生 同期対談(後編)

 熾烈なAクラス争いを繰り広げているDeNAにあって、チームを支えているのが2年目の牧秀悟と入江大生の同期入団コンビだ。そんなふたりの対談が実現。前編ではグラウンドでの話を中心に語ってもらったが、後編ではプライベートな部分に迫ってみた。どんな話が飛び出したのだろうか。

対談前編はこちら>>

不動の4番としてチームを牽引するDeNA牧秀悟不動の4番としてチームを牽引するDeNA牧秀悟 この記事に関連する写真を見る

作新学院の入江は有名人

── ここからはプライベートなことについてもお聞きしたいと思います。高校の時からお互いのことを知っていたんですか?

入江 いや、その頃はまだ知りませんでした。

 俺は知ってたよ。だって甲子園に出場していたし、作新学院の入江といえば有名人だったから。実際に見たのは大学1年生の時。(中央大と明治大)オープン戦があって、対戦もしてるよ。

入江 ええっ、そうだっけ!? ぜんぜん覚えていないなあ......。

 覚えてないんかい!(笑) その時は野手もやっていたのかな? リリーフで出てきて、青いグローブ使ってなかった?

入江 そうそう、青いグローブ!

 身長は高いし、投げるボールはすごいし、これはエグいなって思ったもん。

入江 ありがとうございます(笑)。

 その後は、4年のオープン戦でも対戦しているよね。

入江 それはさすがに覚えている。秀悟を認識したのは大学3年生ぐらいだったかな。当時(大学)ジャパンに選出されて、すごい活躍をしていて、「こんな同期がいるんだ」って。

 ちょっとその印象、薄くない?(笑)。

入江 いやいや(笑)。4年の時にジャパンの選考会で一緒になったんだよね。秀悟は前年から選出されていて全体の流れがわかるということで、キャプテンみたいな感じでやっていた。「できないよ〜」なんて言いつつ、チームをまとめたり(笑)。キャプテンシーがありつつ、なんか面白いキャラクターだなって思ったよ。

 大生も代表合宿では投手陣をまとめたよね。たとえば選手が空港の待合所で広がっていたら、「はいはい」なんて言いながらみんなを集めて、「おお、責任感のある男だな」って思っていた。