2022.04.21

斎藤佑樹が金城長靖に伝えたかったこと。「あの夏の甲子園」「アメリカ遠征」「沖縄の高校野球熱」…仲良し同級生対談

  • 市川光治●文 text by Ichikawa Mitsuharu
  • photo by Hosono Shinji

斎藤佑樹×金城長靖 スポルティーバ対談(前編)

 好評連載『斎藤佑樹、野球の旅〜ハンカチ王子の告白』のアザー企画、『斎藤佑樹が会いたい人&撮りたい人』を対談形式で不定期にお届け。記念すべき第1回目は、斎藤佑樹が早稲田実業で全国制覇を果たした2006年、同じ甲子園で旋風を巻き起こした八重山商工の元祖二刀流・金城長靖(現・沖縄電力)をゲストに迎えます。ふたりの意外な接点やアメリカ遠征での思い出、ドラフト秘話など、10年以上ぶりの再会にお互い徐々にヒートアップ。ぶっちゃけトーク満載のスペシャル対談、まずは前編スタート!

2006年の高校ジャパンでチームメイトだった金城長靖(写真左)と斎藤佑樹2006年の高校ジャパンでチームメイトだった金城長靖(写真左)と斎藤佑樹 この記事に関連する写真を見る

まだ現役なのは幸せ

金城 現役生活、お疲れ様でした。

斎藤 ありがとう。

金城 引退試合、よく投げたね。腕も振れてないように見えたし、肩が相当痛いんだろうなって映像を見て思った。我慢というと違うかもしれないけど、「これが現状だよ」ってみんなに伝えたのかなって。僕たちの世代は、いわゆる「ハンカチ世代」と言われてるなかで、「斎藤も、とうとう終わるのか......」という気持ちがあって感慨深かった。

斎藤 長靖って、優しいよね(笑)。そうか、でもそうだよね......。そういえば長靖とちゃんと会うのって、もしかしてジャパン(2006年日米親善野球大会の日本代表)以来?

金城 かも......でも(日本ハムの二軍キャンプ地の)国頭には行ったんだよ。乾(真大/東洋大姫路)や榎下(陽大/鹿児島工)もいた時に。

斎藤 うん、覚えてる。陽大は今、ファイターズで広報やってるよ。でも、あの(ジャパンの)メンバーで今まだ現役で野球やってるのって、マー君(田中将大)と長靖だけなんだよ。この歳になっても現役で活躍できてるってすごいことだし、世代の代表として頑張ってほしいなということを伝えたかったから、どういう思いでこれから野球をやろうとしてるのかを聞きに来たんだよ。

金城 ジャパンのみんながどんどん引退していくなかで、まだやれてるっていうのは幸せだよね。会社(沖縄電力)に対してもありがたい気持ちでいるし。際のところは年々、ケガも多くなって、気持ちに体がついてこない葛藤はあるんだけど、やっぱりまだ現役の選手だから、社会人の甲子園とも言える都市対抗でもうひと花咲かせたいなと。そこが今の目標かな。ただ、都市対抗へ行くためには、自分のことだけじゃなくてチームで勝たないといけないから、いろんな経験をしてきたなかで、それを後輩にどうアドバイスしていくか。年齢的にも、そういう役割もあるのかなと思って続けてる。