高木豊のパ・リーグ順位予想は王者オリックスがまさかの5位。連覇への懸念材料は「交流戦」と「達成感」

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • Photo by Sankei Visual

【2位予想:楽天】

――昨年は田中将大投手の復帰もあって優勝候補に挙げられながら、3位に終わった楽天。今年は2位と予想しましたが、チームの状態をどう見ていますか?

高木 田中はしっかり投げられていますし、昨年よりも勝つと思っています。本人もこのままでは終われないはず。岸孝之や早川隆久の状態もよさそうですし、瀧中瞭太は昨年10勝を挙げて自信をつけたこともあって安定しています。則本昂大はあまりいい状態には見えませんが、それでも試合を作る力がありますし、打線の援護があれば勝てる投手です。クローザーの松井裕樹までどうつなげていくかもポイントになりそうです。

 昨年は、実績がある先発投手陣が十分な活躍を見せられませんでしたが、野球は投手力ですし、投手の経験値が他チームよりも抜けているという意味で上位争いに食い込みそうです。

――打線はどうでしょうか?

高木 左打者が多すぎてバランスが悪いです。例えば、佐々木朗希なんかは左打者に投げるのがめちゃくちゃうまい。だから、「ロッテ戦で佐々木が投げたら楽天は嫌だろうな」と思いますね。バランスが悪いと、勝てる時と勝てない時の差が激しくなります。浅村栄斗のほか、新外国人のクリス・ギッテンスも右打者のようですが、スタメンに4人ぐらいは右打者を並べるのが理想です。

――日本ハムから獲得した西川遙輝選手についてはいかがですか?

高木 彼は足が使えますし、獲った判断は悪くないと思います。悪くはないんですけど、また左打者。相手チームは、勝負どころで左投手を投入できます。左打者が続くことで、ワンポイントではなく1イニング投げられるのも大きい。そうなると楽天打線に対して作戦を立てるのはラクですし、戦いやすくなります。そこを対応できたら勝ちが増えていくでしょう。

2 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る