2022.03.23

費用約10万円、復帰率90%…身近になったトミー・ジョン手術を受ける前にやるべきこと

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Ichikawa Mitsuharu(Hikaru Studio)

【短期連載】令和の投手育成論 第2回

第1回の記事はこちら>>

 3月25日に行なわれる2022年シーズンのプロ野球開幕戦で、驚きの抜擢となったのが横浜DeNAベイスターズの東克樹だ。大卒1年目の2018年に11勝を挙げて新人王に輝いたが、翌年の自主トレ期間に左ヒジに炎症を起こし、2020年2月にトミー・ジョン手術を受けた。長いリハビリを経て昨季終盤に一軍マウンドへ舞い戻り、本格復帰を目指す今年、開幕投手の大役を任されることになった。

東海大時代、ドラフト4カ月前にトミー・ジョン手術を受けた巨人の山﨑伊織東海大時代、ドラフト4カ月前にトミー・ジョン手術を受けた巨人の山﨑伊織 この記事に関連する写真を見る

トミー・ジョン手術で9割は復帰

 シーズンオフから報道を通じて各選手の動向を追いかけるなか、たびたび目にしたのが「トミー・ジョン手術からの復活」という切り口だ。千葉ロッテマリーンズの元クローザー・西野勇士や、オリックスバファローズのブルペンを支えた近藤大亮と黒木優太、DeNAでは左腕・田中健二朗らが今季の復活を見据えている。実績のある彼らがマウンドに戻ってくれば、各チームにとって大きな戦力になるだろう。

 一方、プロで実績を残していないうちから熱視線を注がれる投手が巨人にいる。青森山田高校から2019年ドラフト1位で指名された堀田賢慎と、東海大学から2020年2位で入団した山﨑伊織だ。

 堀田は新人合同自主トレで右ヒジの違和感を訴え、高卒1年目の4月にトミー・ジョン手術を受けて育成枠から再起を図った。今年のオープン戦で結果を残して開幕直前に支配下登録され、先発ローテーション入りを期待されるほどだ。

 2020年ドラフトの目玉と目された山﨑は"運命の日"の4カ月前に同手術を受け、東海大と結びつきの強い巨人に"サプライズ指名"された。長らく投手がヒジにメスを入れることを嫌がるNPB球団は少なくなかっただけに、山﨑の指名はトミー・ジョン手術に対する理解が進んできた表れとも言えるだろう。球団の目論見どおり、今年のオープン戦では完成度の高さを示した。

「今はトミー・ジョン手術になっても、90%以上はしっかり復帰できます」

 元ヤクルトの館山昌平の執刀医で、その道の権威として知られる慶友整形外科病院の古島弘三医師は断言する。