2022.02.24

中日・片岡篤史二軍監督が語る立浪和義監督。引退から12年間で丸くなったが「キャプテンの厳しさ」は健在

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • 小嶋裕●撮影 photo by Kojima Yutaka

中日二軍監督
片岡篤史インタビュー 前編

 今季から中日の二軍監督を務める片岡篤史。一軍監督に就任した立浪和義とは、PL学園時代に同級生として苦楽をともにし、甲子園春夏連覇を成し遂げたチームメイトでもある。

 旧知の仲である立浪が監督に就任すると知った時や、高校時代以来となる同じユニフォームを着る気持ち、低迷するチームをどう再建していくかなどを聞いた。

中日の一軍監督として1年目のスタートを切った立浪監督 photo by Sankei Visual中日の一軍監督として1年目のスタートを切った立浪監督 photo by Sankei Visual この記事に関連する写真を見る ***

――中日の二軍監督への就任が決まった時、立浪監督とはどんな言葉を交わしましたか?

片岡篤史(以下:片岡) 直近の10年間でAクラスが2回とチームが低迷している状況で、「基本的な部分の立て直しと、選手の底上げが必要だ」と。そこで、「その肝になる二軍の監督をやってもらって、選手たちを鍛え上げてほしい」と言われました。

――長年のつき合いゆえに、立浪監督の長所も短所も把握されていると思いますが、どんな指揮官になっていくか想像できますか?

片岡 立浪監督は22年もの現役生活を送りましたけど、その間に中日の監督を務めたのは、星野(仙一)さん、高木(守道)さん、山田(久志)さん、落合(博満)さんの4人ですよね。現役生活が長いわりにあまり多くないと思いますし、引退してからの12年という時間はすごく長くて、その間にもいろいろな出会いや経験を通して学んできたはずです。そう考えると、新しい監督像を作っていくのではないかと思います。

――PL学園時代以来、30数年ぶりに同じユニフォームを着ることに対して、率直にどんな思いですか?

片岡 僕らの時代のキャプテン(立浪はPL学園3年時の1987年にキャプテンを務めた)が監督になったということが感慨深いですし、同級生では立浪監督だけなんですよ。そういう意味では僕らの代表ですし、嬉しかったですね。

 高校時代のチームメイトをはじめ、同級生はみんな応援してくれています。立浪監督と15歳で初めて出会った時は「ともに頑張って(甲子園で)、日本一になろう」と思いましたが、今度は「(中日の)選手たちに頑張ってもらって、日本一になろう」というところが、当時との違いですね。