2022.02.23

元ヤクルト通訳が選ぶ「記憶に残る助っ人ベスト5」。問題児、超愛妻家、日本記録保持者の名前がずらり

  • 飯尾哲司●文 text by Iio Tetsuji
  • photo by Sankei Visual

 1997年から2017年まで現場付き通訳(現在は社内業務中心で必要に応じて現場通訳を行なっている)としてヤクルトスワローズの外国人選手を支えてきた近藤広二氏。「ヤクルトの外国人選手は活躍する」と言われてきたのは、近藤通訳の公私にわたるサポートが大きかった。いわば「助っ人の助っ人」である。その近藤通訳に「印象に残るヤクルトの外国人選手ベスト5」を挙げてもらった。

雨が大嫌いだった問題児

マーク・エーカー(1998〜99年)
12試合/0勝2敗/防御率2.34
※成績はヤクルト在籍時のもの(以下同)

 1998年、ヤクルトは前年まで先発ローテーション投手として活躍した206センチのテリー・ブロスに代わり、やはり203センチの長身エーカーを獲得。1年目は12試合に登板して防御率2.34とまずまずの成績を挙げたが、打線の援護に恵まれず0勝2敗に終わった。

「エーカーは雨が嫌いで......雨が降ると練習に来ないんです(笑)」

 エーカーは二軍の埼玉・戸田グラウンドで練習することも多く、当時住んでいた代々木上原からは結構遠い。電話をかけても応答がないことを心配した近藤通訳がNTTに問い合わせると、受話器は外れていないという。当時は現在ほど携帯電話が普及していない時代。何かあったのではないかと心配した近藤通訳は、エーカーのマンションを訪ねた。

「エーカーは家にいたのですが、電話線を引き抜いていたんですよ」

 雨が嫌いなうえに、戸田まで行くことが億劫になったのだろう。さすがに球団からは罰金を課せられた。

 こんなエピソードもあった。エーカーはGUCCIの腕時計を愛用していた。「いい時計だね」と近藤通訳が言うと、エーカーはこう返してきた。

「10勝したらこれと同じ腕時計を買って、コウジ(近藤通訳)にプレゼントするからな」

 しかし、来日2年目は肩・ヒジを故障して登板なし終わった。結局、その年限りで退団となったが、エーカーは自身がしていた腕時計を外して近藤通訳に惜別のプレゼントとして手渡したそうだ。

 余談だが、チーム関係者からはタレントの井上順に似ているともっぱらの評判だった。