2021.12.21

横浜DeNAの牧秀悟が分析した自身の活躍の理由。2年目のジンクスは「めちゃくちゃ不安ですよ」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Koike Yoshihiro

「まずはチームが最下位に終わってしまい、非常に悔しいシーズンでした」

 横浜DeNAベイスターズの牧秀悟は、開口一番そう言った。

 なるほど、やはりこれが牧のスタンスなのだと納得した。

ルーキーながら打率.314、22本塁打の好成績を残したDeNA・牧秀悟ルーキーながら打率.314、22本塁打の好成績を残したDeNA・牧秀悟 この記事に関連する写真を見る

【苛立つ姿を見せないワケ】

 この話を聞く直前の契約更改では年俸を大幅にアップさせ、また前日には新人特別賞を受賞していた。「今季を振り返って?」という質問に、まずは自分のことよりもチームのことについて言葉が出る。長年、DeNAを撮り続けているオフィシャルカメラマンの益田佑一氏の言葉を思い出す。

「ベンチで一番声が出ているのが牧選手ですし、凡打したあとでもすぐにメモをとって、味方の応援をしている。自分のことで精一杯のルーキーができることじゃない。牧選手は自分のことよりもチームで勝ちたいという意識を強く感じられるプレーヤー。ベンチでは苛立っている様子を見せたことはありませんし、それが彼の野球観なんだと思います」

 牧にこのスタンスについて尋ねると、学生時代からだと言う。

「学生時代にキャプテンをしたり、主力でプレーさせてもらったりして、チームの中心となる選手が苛立ったりしたら雰囲気が悪くなるのはわかっていました。だからプロになってもそこは絶対に変えることなく、ベンチではやっていこうって」

 もちろん凡打をして悔しくないわけじゃない。

「あまり人がいるときには(悔しい感情は)出さずに、寮やホテルに帰って『うわ〜っ』みたいな感じです」

 そう言って笑う牧は、グラウンド内で見せる表情とは異なる、23歳の青年だ。

【運も味方につけて定位置獲得】

 さて、牧の今季の成績についてはもう言うまでもない。リーグ3位となる打率.314、ルーキー史上初のサイクル安打、二塁打のリーグ新人最多記録(35本)をマークするなど枚挙に暇がない。ちょうど1年前は、入団会見を終え最後のキャンパスライフを送っていたわけだが、はたしてこんな未来を予想できただろうか。

「まったく、できませんでした。去年のいま頃は野球をテレビで見ていたひとりでしたが、まさかここまでこられるなんて......。自分でも想像できないほどの成績を残すことができました」