2021.12.22

鈴木誠也に1億ドル以上の契約金なら「契約不要」の声も。米メディアが報じる「争奪戦」参加チームの思惑と現状

  • 澤良憲●取材・文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by Kyodo News

 ポスティング制度でメジャー移籍を目指している鈴木誠也は、本来であれば移籍先はもう決まっていただろう。

 鈴木はすでに8~15球団と接触していることが、代理人のジョエル・ウルフ氏によって明かされている。しかし、12月2日(現地時間:以下同)から始まった、オーナー側による球団施設のロックアウトは継続しており、選手の移籍交渉も中断されている。

ロックアウトにより、移籍交渉がストップしている鈴木ロックアウトにより、移籍交渉がストップしている鈴木 この記事に関連する写真を見る  鈴木の交渉期限も、当初の12月22日の東部時間午後5時から延期され、交渉期限はロックアウト明け後から20日間は伸ばされる。ただ、スポーツメディア『ジ・アスレチックス』によれば、オーナー側と選手会で話し合いが続く新労使協定の交渉は、来年の1月まで続く見込みだという。鈴木の移籍交渉もいつ再開されるのかはわからない。

 しかし、アメリカの各メディアは、鈴木の移籍先を予想する記事を日々掲載している。12月20日までの情報では、マリナーズ、レッドソックス、ヤンキース、ブルージェイズ、レンジャーズ、フィリーズ、ジャイアンツ、ブレーブスが候補先に挙がっているようだ。

 なぜ、これらの球団が鈴木の移籍先だと目されているのか。各メディアが語るそれぞれの予想を見ていきたい。

 まずはマリナーズ。同球団は、比較的早い時期から鈴木に興味を示していた。マリナーズの専門メディア『ルックアウト・ランディング』も11月3日の時点で、「鈴木と契約できれば外野は(攻守共に)劇的にアップグレードされる」と述べるほど、期待が寄せられていた。

 また、マリナーズが鈴木を望む理由は他にもある。それは、1998年から今季まで、四半世紀近くにわたる日本人選手の連続在籍記録の継続だ。このことは、地元紙の『シアトル・タイムズ』でも取り上げられ、マリナーズのジェリー・デュポットGMも「日本人選手なしでシーズンを迎えるつもりはない」とメディアに明かしている。これが本心であるかはさておき、マリナーズはすでに鈴木とオンライン面談を行なっている。この情報は、のちに紹介するどの球団よりも早かったことから、マリナーズの本気度が伺える。