2021.12.23

五十嵐亮太から直電で引退報告。元ヤクルト二軍監督の八重樫幸雄が明かす「ロケットボーイズ」誕生秘話

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

「オープン球話」連載第96回 第95回:五十嵐が達成した雨中の完全試合>>

【夜中に黙々と走り続けていた五十嵐亮太】

――前回に引き続いて、今回も元ヤクルトの五十嵐亮太さんについて伺います。

八重樫 前回は彼の入団直後の話をしたけど、入団間もない6月頃のエピソードが忘れられないんです。高校を卒業してプロ入りしたばかりなので、亮太も寮生活をしていました。ある時、当時の寮長から「亮太はいつも深夜にひとりでランニングをしている」という話を聞いたんです。その後、シャワーを浴びてから寝ていたそうなんですよ。

昨年10月の引退セレモニー後、石井弘寿投手コーチと肩を組んで退場した五十嵐昨年10月の引退セレモニー後、石井弘寿投手コーチと肩を組んで退場した五十嵐 この記事に関連する写真を見る ――夜中の自主練習ということですか?

八重樫 誰に言われたわけでもないと思うんです。高校時代からの習慣だったのかもしれない。でも、誰にも言わず、自主的に夜中にランニングをするなんて、なかなかできることじゃないですよ。「今度のルーキーはなかなか熱心だな」って、僕は素直に感心していたんです。僕らの時代は「投手はとにかく走ること」という教えで育ってきたから、亮太の練習態度は素直に嬉しかったんですよね。

――そんな思いを本人にも伝えたんですか?

八重樫 いや、自発的に走っているわけだから、その点については「わざわざこちらから触れることもないだろう」と思って、僕は何も言いませんでした。でも、しばらくしたら、また寮長から亮太について話を聞いたんです。

――今度は、どんな内容だったんですか?

八重樫 「最近、亮太が走らなくなったんです」と言ったんですよ。せっかく僕は「いい習慣だな」と思っていたから、「なんで走らなくなったんだろう?」と気になって、ここで初めて本人に尋ねてみたんです。

――どんなリアクションが返ってきたんですか?

八重樫 最初に「えっ、監督、僕が走っていたことを知ってたんですか?」と。それで「せっかくのいい習慣をなんでやめたんだ?」って聞いたら、彼の顔が曇ったんです。言いづらそうに、「『○○さんに夏場は疲れるからやめろ』と言われました」と口にしました。