山本由伸の女房役・若月健矢が語る何よりもすごいと思うのは「イニング間、ベンチ裏で...」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koike Yoshihiro

「短期決戦の1試合目、それも1打席目でしたから、インコースを意識させたかった場面でした。なので、インコース高めのストレートを使いながら攻めていました。一塁があいていましたから、セオリーから考えればフルカウントからはフォークだったのかもしれませんが、そこまでの過程でインハイを意識させることができていましたから、ここはカーブだな、と思ったんです。甘いコースでしたけど見逃し三振を取れたのは、そこまでにインハイをうまく使えていたからだと思います。序盤にカーブで三振を取れたので、その後、三振を取るボールはフォークだけではない、ということを意識させられた効果もありましたね」

 野球を始めた小学校1年生の時からずっとキャッチャーをやってきたという若月は、「気がついたらキャッチャーでした」と言って笑う。

「チームの練習を見学に行ったら、いきなりキャッチャーミットを渡されたんです。なんでオレだけ、逆を向いているんだろうって思いました(笑)。たまにピッチャーをやったこともありましたけど、基本はずっとキャッチャーでしたね。イヤだと思ったことはありません。なぜですかね......ただ単に、やっぱり楽しかったのかな(笑)。でも、生まれ変わったらキャッチャーはもう、やんないですね。ピッチャーをやりたかったなぁって思いますし、センターとか、外野もやってみたかったなぁって思います」

 日本シリーズを前に、スワローズのバッターを研究する日々が続けば寝る間もない......と思いきや、若月はあっけらかんとこう言った。

「全然、寝てますよ(笑)。もちろん、あまり対戦のなかった相手ですから(交流戦のスワローズ戦では途中出場の1試合、4イニングでマスクをかぶったのみ)、しっかりバッターのことを見ておかないといけないと思っています。ただ、そこはメリハリをつけて......ほら、しっかり身体も休めないといけませんからね(笑)」

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る