2021.11.15

FA戦線カウントダウン。年俸の割に活躍しそうな「コスパのいい選手」は誰?

  • 津金壱郎●文 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Jiji Photo

 ペナントレースが幕を閉じたプロ野球。日本シリーズに向けたポストシーズンの戦いも熾烈さを増している一方、各球団とも来シーズンを見据えて動き始めている。ドラフト、新監督の招聘、コーチ陣の刷新など、来季への布石を打っている。

 そのなかで注目は、FA権を持つ選手たちの動向だろう。2020年オフは7選手が宣言し、梶谷隆幸(DeNA→巨人)、井納翔一(DeNA→巨人)、澤村拓一(ロッテ→ボストン・レッドソックス)が新天地を求めたが、果たして今オフに何人の選手が権利を行使するのか。

今オフのFA市場で動向が注目される阪神・梅野隆太郎今オフのFA市場で動向が注目される阪神・梅野隆太郎 この記事に関連する写真を見る  その今オフのFA戦線に対して、素早い動きを見せたのがDeNAだ。FA宣言すれば引く手あまたと目されていた今季推定年俸1億7000万円の宮﨑敏郎との残留交渉をまとめた。

 宮﨑は最下位に沈んだチームにあって、今季は打率.301、16本塁打、キャリアハイの73打点をマーク。2012年ドラフト6位で入団し、レギュラーに定着した2016年以降は首位打者になった2017年を含めて4度目の打率3割台を記録。その安定感が評価され、32歳ながらも6年推定総額12億円+出来高という破格の契約を手にした。

 目玉のひとりだった『ハマのプーさん』は早々に残留を決めたが、今後の動向に注視したいFA権取得者はほかにもいる。2021シーズン中にFA権を取得した主だったAランク、Bランクと推測される主な選手は次のとおり。

【Aランク/所属球団の日本人選手で年俸上位3位まで】 ※年齢は11月11日時点。年俸は推定。
菅野智之(巨人/投手/32歳/8億円)
山﨑康晃(DeNA/投手/29歳/2億8000万円)
梅野隆太郎(阪神/捕手/30歳/1億1000万円)

【Bランク/所属球団の日本人選手で年俸上位4位から10位まで】
千賀滉大(ソフトバンク/投手/28歳/4億円)
岸孝之(楽天/投手/36歳/2億5000万円)
大瀬良大地(広島/投手/30歳/1億5000万円)
嘉弥真新也(ソフトバンク/投手/31歳/1億4000万円)
大田泰示(日本ハム/外野手/31歳/1億3000万円)
石川歩(ロッテ/投手/33歳/1億1000万円)
大和(DeNA/内野手/34歳/1億円)
九里亜蓮(広島/投手/30歳/8700万円)
祖父江大輔(中日/投手/34歳/7000万円)
福田永将(中日/内野手/33歳/5500万円)
秋吉亮(日本ハム/投手/32歳/5000万円)