2021.10.15

「大洋があと1回優勝していれば歴史は変わった」とポパイ長田は言った

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki

この記事に関連する写真を見る

「令和に語る、昭和プロ野球の仕事人」 第21回 長田幸雄・後編 (前編から読む>>)

 懐かしい「昭和プロ野球人」の過去のインタビュー素材を発掘し、その魅力に迫るシリーズ連載。"ポパイ"のニックネームで親しまれた長田幸雄(おさだ ゆきお)さんは、1961年、前年に球団史上初の優勝を果たしたばかりの大洋ホエールズ(現・DeNAベイスターズ)に入団して持ち前の強打を発揮した。

 だが、知将・三原脩監督が魅力的なチームをつくりあげた大洋も、その後はどうしてもリーグ制覇に届かず、二度目の優勝まで実に38年もの歳月を要してしまう。2010年、長田さんは自身が経営する日本料理店(現在は閉店)でインタビューに応じ、「あとひとつ勝てば優勝」のチャンスを逃し続けた当時を残念そうに振り返っていた──。


1968年、長田さんは王貞治(手前右)の眼前でホームランを放つ(写真=長田さん提供)1968年、長田さんは王貞治(手前右)の眼前でホームランを放つ(写真=長田さん提供) この記事に関連する写真を見る

* * *

 長田さんは入団2年目の62年、「よーく遊んでたからねえ」と言いながらも123試合に出場して打率.252、5本塁打、29打点。レフトのレギュラーの座を獲得し、打順は主に6番を打っている。翌63年には5番を任されるようになっていた。

「タフだから。僕に限らず、みんなタフ。酒も飲んだけど、人の見てないとこで努力してたんです。僕は練習なんか女房にも見せない。調子の悪い時は朝4時か5時頃に起きて走って、バットスイングやって、シャワー浴びて。近藤和さんも絶対、見せない人だったし、それが我々の気質だったです。で、三原さんはそんな僕らのことをよく知っている監督でした。

 遊びのことも知ってるし、選手が陰で練習してることも知ってるから、私生活はうるさく言わない。そのかわり、遊んで試合で失敗したら、呼ばれて怒られますよ。それじゃなかったら試合前に呼んでね、『おまえ、この野郎。昨日何時に帰って来たんだ?』『いやあ、早く寝ましたよ』『ウソ言うな! 4時に帰って来ただろ!』って。そういう情報網を持ってるんです」