DeNA牧秀悟、「プロの壁」からのV字回復。不振を救った先輩3人の貴重なアドバイス

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Getty Images

 前半戦、ベイスターズは、31勝44敗11分で6位に終わった。

 だが、4位の中日までの差はわずか1.5ゲーム差だ。上位を狙うためには、牧のコンスタントな活躍が必要になる。

「後半戦はひとつひとつ上の順位を目指していきたい。個人的には、狙えるなら打点王を取りたい。打点を挙げることがチームの勝利に結びつきますし、それは学生の時からのこだわりだったので。打率は3割を目指していきたいですね。ただ、それを達成するにはシーズン最後まで戦える体力と精神力が必要かなと。それを1年目で身につけて活躍し、地元長野でベイスターズのファンを増やしていきたいです」

 牧が子どもの頃、地元・長野県はジャイアンツ戦しか放送されず、自然とジャイアンツファンになった。好きな選手は清原和博で、豪快なバッティングに憧れを抱いた。今の時代は、すべての試合がネット配信などで観戦できる。かつて清原に憧れたように、牧が長野の子どもたちの憧れの存在に近づくことができれば、新人王のタイトルは、きっとその手で掴めるはずだ。

FMヨコハマ『日立システムズエンジニアリングサービス LANDMARK SPORTS HEROES

毎週日曜日 15:30〜16:00

スポーツジャーナリスト・佐藤俊とモリタニブンペイが、毎回、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。
強みは機動力と取材力。長年、野球、サッカー、バスケットボール、陸上、水泳、卓球など幅広く取材を続けてきた二人のノウハウと人脈を生かし、スポーツの本質に迫ります。
ケガや挫折、さまざまな苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。

5 / 5

関連記事

このページのトップに戻る