2021.06.21

元阪神ドラ1・伊藤隼太が語る今季の覚悟。「自分の野球に決着をつける。シーズンが終わった時にどういう景色が見えているか」

  • 寺下友徳●取材・文 text by Terashita Tomonori

伊藤隼太インタビュー(後編)
阪神時代を語った前編はこちら>>

2011年に阪神タイガースからドラフト1位指名を受け慶應義塾大から入団した伊藤隼太。昨年限りで9年間まとった虎のユニフォームに別れを告げ、現在は四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツのコーチ兼任選手を務めている。

「阪神ドラフト1位」の選手から見た独立リーグの景色とはいかなるものか? インタビュー後編では、愛媛での日々や今後見据える針路も含めて語ってもらった。

四国アイランドリーグplus前期開幕戦でバッターボックスに立つ伊藤隼太(愛媛マンダリンパイレーツ=写真提供)四国アイランドリーグplus前期開幕戦でバッターボックスに立つ伊藤隼太(愛媛マンダリンパイレーツ=写真提供)
【「こういう野球もある」独立リーグの世界】

ーー今季から愛媛マンダリンパイレーツでコーチ兼任選手となり、まずはコーチ業を5カ月近く務めて感じたことを教えてください。

伊藤隼太(以下、伊藤)
 僕が野球の技術や試合の入り方について選手たちに話をする時、阪神で9年間やってきて「当たり前だ」とか「当然そうだろう」と思っていたことがあるんですが、そういった内容を選手たちに話しても、頭の上に「?」マークがつくような状況がありました。

 ですので、一つひとつもっとかみ砕いて丁寧に説明していかないといけないと感じています。NPBレベルのことを細かく教えていく必要があるな、と。