2020.04.06

中村奨成が鈴木誠也のゲキに危機感
「そんなことやっていると消えてしまう」

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • photo by Koike Yoshihiro

 コロナウイルス問題で開幕の時期が見えないなか、広島の開幕一軍捕手の顔ぶれが決まった。正捕手の會澤翼に、第3の捕手として40歳のベテラン石原慶幸。そして高卒4年目の坂倉将吾が2番手捕手の座をつかんだ。

 坂倉の1歳下の中村奨成は今年も二軍スタートが決定的だ。今春キャンプでは坂倉や新人の石原貴規(ともき)とともに、2番手捕手を争ってきたが、中村はもっとも早い2月16日に二軍行きを通達された。

入団3年目を迎えた中村奨成。今年こそ初の一軍昇格を目指す「レベルがまだまだ低いなと思ったし、一軍の選手のプレーを見てすごいと思った。自分のプレーとはレベルが違った。精度もそうですし、正確性、捕手の動き、考え方もそう。まだ遠いなと思いました」

 中村は、昨年の秋季キャンプで初めて一軍キャンプに同行した。オフ期間の肉体強化の成果を認められ、今春も一軍キャンプに参加したものの、まだ競える立場にないことを痛感させられた。

 広陵高(広島)時代の2017年、中村は夏の甲子園で清原和博(PL学園)が1985年に樹立した1大会5本塁打を抜く、6本塁打の新記録を打ち立てた。地元のスター候補に、広島はドラフト1位で指名し獲得した。大きな期待を背負い入団して3年。周囲が望んだ成長曲線を描いているとは言えない。

 高卒1年目には、二軍で4本塁打を記録するなど83試合に出場したものの、2年目はケガでキャンプから大きく出遅れ、二軍での出場も39試合に終わった。