2020.01.31

ヤクルトの球団方針を覆した岩村明憲。
八重樫幸雄もひと目で「すごい」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

連載第13回(第12回はこちら>>)

【特例で起用を続けた岩村明憲】

――さて、今回からは「指導者としての八重樫幸雄」に迫りたいと思います。コーチ、二軍監督時代に印象に残っている選手といえば、まずは誰が浮かびますか?

八重樫 やっぱり、岩村(明憲)だろうね。1997(平成9)年、僕が二軍監督(兼バッテリーコーチ)になった時に入団してきたのが岩村でした。基本的にウチの球団の方針としては「高卒1年目は体力作り」なんです。でも、新人自主トレの時に岩村を見て、「これはすごいぞ」ってなったんですよ。

ヤクルト、メジャーリーグでも活躍した岩村 photo by Sankei Visual――自主トレの段階で「モノが違う」ってわかるものなんですか?

八重樫 わかります。トスをやらせたら、手首が柔らかいからバットのヘッドの使い方がうまいし、下半身は強かったし、走らせたら速かった。それで、当時の球団社長に「岩村は1年目の開幕から試合で使います」って宣言したんだよね。

――それは、ヤクルトにとっては異例のケースなんですね。

八重樫 異例ですね。社長からは「大丈夫なのか?」って心配されたけど、バッティングに関しては試合に出ながらいろいろなことを学んでほしかった。ただ、守備はまだまだだったから、社長には「戸田で試合をする時には、必ず毎日1時間は特守をやらせますから」と言ったら、「よしわかった。ただ、ケガだけは気をつけてくれよ」と認めてもらったんだよ。