2020.01.30

門田博光が特徴や弱点をズバリ指摘。
小園、根尾、藤原に飛躍への助言

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Koike Yoshihiro

 小園海斗(広島)、根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)のルーキーイヤーは、まさにプロの洗礼を浴びた1年となった。それでも随所に素材のよさを見せつけ、2年目のレギュラー獲りへの期待がかかる。いずれにしても、一軍で生き残るにはバッティングで結果を出すしかない。彼らのバッティングは、NPB歴代3位の567本塁打を放った門田博光氏の目にどう映ったのか。はたして、2年目の飛躍に必要なものとは何なのだろうか。

昨シーズン、一軍で4本塁打をマークした小園海斗小園海斗(広島)

 足があって、ショートを守れて、しかも一軍でホームラン4本。たいしたもんや。足が速いと、当て逃げみたいなバッティングをする選手がいるけど、小園のスイングは体から腕が離れず回転していて、しっかりしている。この巻きつくような形のスイングが常時できてくると、疲れが出てくる夏場でも打てるはず。

 体からバットが離れてスイングするタイプは、体力がある時はいいけど、体が疲れてくるとスイングが鈍くなって、確率も悪くなる。僕が現役時代の時に疲れて調子が落ちてきたなと思ったら、鏡の前で素振りをして、体からバットが離れていないかよくチェックしていました。

 小園はライナーでいい打球を飛ばしますし、右中間をきれいに抜けたと思った打球がそのままスタンドに入ったり、打球が失速しない。さすが高卒1年目からカープの一軍で試合に出るだけのことはあります。

 ひとつ気になったのが足元。構えた時に、ややオープンスタンスに見えました。我々の現役の頃はスクエアスタンスかクローズドスタンスが主流で、オープンスタンスで構える打者はほとんどいなかった。僕からすれば、なんで足を開いているところから閉じて打ちにいくのかと。0コンマ何秒の戦いをしているのに、なぜ無駄な動きをするのか......。