2019.11.03

プレミア12が正念場。韓国代表は
東京五輪出場に黄信号でパニックに

  • 木村公一●文 text by Kimura Koichi
  • photo by AFLO

 プレミア12に出場する韓国代表が、ちょっとしたパニックに陥っている。

 この大会は、来年開催される東京五輪・野球種目の予選を兼ねていることは、野球ファンの方ならご存知と思うが、この予選がじつに複雑な仕組みになっている。

東京五輪出場へ負けられない戦いが続く韓国代表 東京五輪の出場権をかけた戦いは、プレミア12を含めた4つの大会があり、そのいずれかを勝ち抜いたチームに与えられる。その大会は以下の4つになる。

1.アフリカ・ヨーロッパ予選

今年9月18日から22日までイタリアで開催され、今年のヨーロッパ選手権大会の上位5チームと、アフリカ野球選手権大会の優勝チームの計6チーム(イスラエル、オランダ、チェコ、イタリア、スペイン、南アフリカ)で争われた。近年、WBCで好成績を残すなど、躍進著しいオランダが本命視されていたが、イスラエルが優勝して東京五輪の出場権を得た。

2.プレミア12

アジア・オセアニア大陸の上位1チーム(開催国の日本は除く)と、アメリカ大陸の上位1チームが出場権を獲得。

3.アメリカ大陸予選

来年3月にアメリカ・アリゾナで開催され、プレミア12で東京五輪の出場権を逃したアメリカ大陸の6チームと、パンアメリカン競技大会リマ2019の上位2チームの計8チームで争われる。この大会で優勝したチームに出場権が与えられる。

4.インターコンチネンタル予選

来年3月に台湾で開催され、10月に台湾で行なわれたアジア野球選手権で敗退した上位2チーム(すでに東京五輪に出場決定のチームは除く)、アフリカ・ヨーロッパ選手権の2位チーム(オランダ)、アメリカ大陸予選の2位、3位チーム、オセアニア予選の優勝チームの計6チームが出場。この大会で優勝したチームが東京五輪の出場権を得る。

 複雑なシステムだが、東京五輪での野球の参加は6カ国と少なく、そこから開催国の日本が除かれるので、かなりの狭き門である。単純な選び方をしては強豪国が並ぶだけのため、こうして2度、3度とチャンスを与えることで、各国のモチベーションを上げているのだ。