2017.11.03

筒香と山﨑。DeNAの「ボスキャラ」登場で
史上最大の下剋上なるか

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Kyodo News

 主砲の筒香嘉智が圧倒的な存在感で本塁打を放ち、守護神の康晃がピンチを切り抜けゲームを締める──

 日本シリーズ5戦目にして、レギュラーシーズン同様の戦いをすることでDeNAソフトバンクとの対戦成績を2勝3敗とした。

日本シリーズ第5戦のヒーロー、山﨑康晃(左)と筒香嘉智 ラミレス監督は試合を振り返る。

「全体的に選手がよくなってきている。特に筒香は重要な場面で打ち、山﨑は最後、難しい状況で投げ切ってくれた。本当、レギュラーシーズン通りやってくれて、こういう活躍ができれば必ず勝てるし、残り2戦もきっとやってくれると思います」

 筒香は4回、それまでタイミングが合っていなかったバンデンハー153キロのストレートをとらえ、逆転のツーランを放った。日本シリーズでようやく出た一発。筒香は「ホームランを打てたのはたまたま。チームが勝てたので、それが一番よかった」と語るが、キャプテンの一発は、スタジアムに足を運んだ観衆はもちろん、チームの雰囲気を一変させた。

 その後、中村晃の本塁打によりソフトバンクに逆転されるが、6回に筒香はモイネロからタイムリー二塁打を放ち、再逆転への流れを作った。

「全員でつないで点が取れたので、そこが大きかったと思います」

 今シーズンもキャプテンとしてチームをまとめてきた筒香。日本シリーズでは3連敗を喫し窮地に立たされたが、筒香いわく「逆に3試合負けてから、いつも通りできるようになった」という。今まで率先してチームの雰囲気づくりをしてきた筒香は、ここにきてチームメイトのある変化に気づいた。

「どの選手も個人が気づいて、いつも通りというか、いい雰囲気のなかでやれています」