2017.08.14

「巨人の歴代4番打者」リストに見る、
阿部慎之助2000安打の凄さ

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 8月13日、プロ野球通算2000本安打を達成した阿部慎之助は、巨人=読売ジャイアンツの第72代の4番打者として数えられている。

8月13日の広島戦でライト前ヒットを放ち、2000本安打を達成した阿部慎之助 よく巨人の「第〜代の4番打者」という呼び方をするが、これはプロ野球の公式戦でスターティングメンバーに「4番」としてラインナップされた選手のうち、偵察メンバーなどで実際には出場しなかった場合を除いてカウントするのが一般的だ。

 その定義に従って巨人の歴代4番打者をチェックしてみると、阿部慎之助という選手の特異性と偉大さが、あらためて浮き彫りになってくる。少々長いリストになるが、本記事の末尾に巨人の歴代4番打者を記すので、それも参考にしつつ、阿部慎之助の2000安打の凄さを振り返ってみたい。

 まず、巨人の歴代4番打者のうち、阿部以前に2000安打を達成している選手を挙げてみよう。初めて4番に座った日が古い順に、川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、柴田勲、張本勲、松原誠、駒田徳広、落合博満、松井秀喜、清原和博、小久保裕紀、小笠原道大、アレックス・ラミレスがこれに該当する。このうち、松井秀喜は巨人時代とメジャーリーグ移籍後の安打数の合算だ(ほかに、ロイ・ホワイト、レジー・スミス、ウォーレン・クロマティ、李承燁も日本と海外の合算で2000安打を記録しているが、いずれも海外での安打数のほうが多いため、ここでは対象外とする)。