2016.07.18

チーム防御率ダントツの最下位。
石井一久が語る”ヤクルト投壊”の理由

  • 和田哲也●文 text by Wada Tetsuya
  • 共同通信社●写真 photo by Kyodo News

 15、16日と2日間にわたって行なわれたオールスター。前半戦の主役たちによる豪華競演に心躍るなか、セ・リーグ投手陣の顔ぶれに寂しさを感じたヤクルトファンは少なくないだろう。”投手王国”を築きつつあるDeNAの投手が4人並んだ一方で(山口は負傷で出場辞退)、ヤクルトの投手は監督推薦で滑り込んだ秋吉亮ただひとり。前年リーグ覇者の苦しい台所事情がありありと見えた。

「ライアン」小川も未だ4勝と調子は上がらずじまい ヤクルト投手陣の防御率は、オールスター前の80戦を終えた時点で、セ・リーグ平均の3.78がはるか遠い4.90と最下位。5位の阪神でさえ 3.64のため、平均を下回るのはヤクルトのみとなっている。昨シーズンをチーム防御率3.31でまとめた投手陣が、なぜここまで壊滅的な状態になってし まったのか。かつて、ヤクルトの黄金期を支えたエース・石井一久氏に話を聞いた。

「優勝するときは、選手みんながある程度ピークを迎えて頑 張れているんですよ。ここでいうピークというのは、歳を重ねた成長のピークというわけではなくて、『この選手の技術、能力ならば、最高でこれくらいできる だろう』という成績のピーク。去年は、山田哲人、川端慎吾、畠山和洋といった打撃陣だけじゃなく、投手たちもある程度ピークに近いところでシーズンを戦え ていました。

 でも、どんなに調整を頑張っても、2年連続でそこにもっていくのはかなり難しい。先発投手陣は3人に1人くらい調子がよければ何とかやっていけるんですけどね。ここまで軒並み調子を落とすというのは珍しいですよ」