2016.03.29

ルーキー戸柱の抜擢で、DeNAのワースト捕手陣に劇的改善の予感

  • 村瀬秀信●文 text by Murase Hidenobu
  • photo by Jiji photo

「捕手のポジション争いは終わった。戸柱をほとんどの試合で使っていきたい」

 今月8日に行なわれた壮行会で、横浜DeNAベイスターズラミレス新監督は、正捕手にルーキー戸柱恭孝の名前を挙げた。それは、球団史上初となる新人捕手の開幕スタメンが決まった瞬間でもあった。

 キャンプでしのぎを削ったDeNAの捕手陣。左から黒羽根利規、戸柱恭孝、髙城俊人、嶺井博希 昨年、NTT西日本からドラフト4位で入団した戸柱。そんな25歳のルーキーが、「2、3年後にはセ・リーグのナンバーワン捕手になれる」と開幕スタメンの座を与えられたことで、2008年に相川亮二(現巨人)がFA退団して以来定まらなかった、ベイスターズの正捕手争いが大きな進展を見せることとなった。

 ベイスターズの命脈は昨シーズン定まらなかったセンターライン、特に日本タイ記録となるシーズン68暴投の不名誉な記録を作ってしまった捕手の強化であることは誰の目にも明らかだった。昨年末のインタビューでも、ラミレス監督はこう宣言していた。

「チームの命題はレギュラーの捕手を作ること。昨シーズンは3人が併用されましたが、今シーズンは毎日マスクをかぶる正捕手と、バックアップ捕手の2人体制で行く。キャンプでは黒羽根、髙城、嶺井に新人の戸柱を含めた4人に『よーいドン』で競争してもらいます」