2015.09.26

西武・高橋光成「5連勝で満足している余裕はないです」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 西武投手陣の救世主になった驚異の高卒ルーキー・高橋光成。ここまで5勝2敗(9月25日現在)と好成績を残している要因について、本人に語ってもらった。
(前編はこちら)

8月に4勝をマークし、史上最年少で月間MVPを獲得した西武・高橋光成

高橋光成”マイペースで語る”インタビュー(後編)

―― ファームでは群馬での凱旋登板もありましたが、あまり結果が良くなかったそうですね。

高橋 群馬では雨が降って、それに結果も良くないので……。なんか、もう行かないほうがいいのかなって……。

―― (笑)

高橋 でも、やっぱり「いいところを見せたい」という思いが強すぎましたね(笑)。力んだのか、わからないですけど。

―― 大学日本代表との壮行試合(6月29日/1回、1失点)でも、登板後に「力んで思うような球が投げられなかった」と言っていました。

高橋 力んじゃいますね。

―― スピードが出るようになって、「もっと出してやろう」という色気が力みにつながるのでしょうか?

高橋 そういう感じではないですね。でも、「力み」は誰もがあるもので悪いことではないと思うんです。「力み具合」がちょっと良くないときは、球には伝わらないですね。

―― 一軍で投げるようになってから、勝利投手インタビューで「思い切り投げられました」というコメントがよく出ます。「思い切り」と「力み」は違うものでしょうか?

高橋 「力み」はあっていいものだと思うんですよ。ヘンな力みじゃなくて、力みをいい方向に向けて、それが結果的にダイナミックな投げっぷりになると思うので。……といっても、マウンドでは何も考えてなくて、ただ一生懸命投げているだけなんですけど(笑)。