2015.08.03

宮本慎也×ラミレス「セ・パの格差が生まれた理由」を語る

  • キビタキビオ●構成 text by Kibita Kibio寺崎敦●協力 cooperation by Terasaki Atsushi
  • 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

宮本慎也×アレックス・ラミレス 対談(1)

 プロ野球も後半戦がスタートし、猛暑の中、白熱した戦いが繰り広げられている。そんな中、かつてヤクルトで一緒にプレイして日本一に輝いた経験のある宮本慎也氏とアレックス・ラミレス氏の対談が実現。ペナントレースの前半戦を振り返ってもらい、気になった選手や、交流戦で垣間見えた「セ・パの格差」について語ってもらった。

かつてヤクルトでチームメイトだった宮本慎也氏(左)とラミレス氏

―― まず、ペナントレースの前半戦を振り返って、最も印象に残ったことは何でしたか。

宮本 パ・リーグが強い! セ・リーグが弱い!

ラミレス 宮本さんに100%同意します(笑)。

宮本 個々の能力差が全然違うよね。投手、野手にかかわらず、体格もパワーもパ・リーグが上回っている。

ラミレス パ・リーグの選手は体が大きく、150キロを投げる投手が数多くいます。

宮本 具体的には柳田悠岐(ソフトバンク)。あれだけ振れるのはすごいと思う。森友哉(西武)も、まだまだというところはありますけど、気になる選手のひとりです。セ・リーグだと……強いてあげれば筒香嘉智(DeNA)ぐらいかな。

ラミレス 柳田はパ・リーグの選手の中でも一番大きいですし、力がありますね。筒香は一緒にプレイしていたので、すごい選手になるだろうと、当時から期待していました。