2015.07.31

セカンドの概念を覆すヤクルト山田哲人の圧倒的攻撃力

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 ヤクルト・山田哲人の快進撃が止まらない。7月30日現在、ここまでの成績を見てみたい。

打率.334(リーグ1位)
本塁打24(リーグ1位)

打点62(リーグ3位)
得点80(リーグ1位)
出塁率.418(リーグ1位)
得点圏打率.358(リーグ1位)
長打率.609(リーグ1位)
盗塁20(リーグ1位)

後半戦に入り絶好調のヤクルト山田哲人

 日本屈指の強打者にふさわしい数字が並ぶ。だが、開幕1カ月は不振に陥(おちい)っていた。ボールを待ちきれずにスイングし、ポップフライの凡打も目立った。5月6日には打率が.242まで下降するなど、本来のバッティングには程遠い内容だった。杉村繁チーフ打撃コーチは、山田の春先の不振についてこう説明してくれた。

「去年、シーズン193安打を打って、日本人右打者の年間最多安打を記録したけど、プロの世界は甘くないからね。去年とまったく違う配球をされ、それに昨年12月に扁桃腺の手術をしてオフに満足な練習ができなかったことも響いた」

 しかし、5月9日からの秋田遠征で「右サイドの壁を作る」「ボールを上からしっかり叩く」「打席での始動を早くする」という3つのポイントを修正すると、そこから打撃成績は急上昇していった。

「秋田での試合からヘッドをきかせた強いライナーが出るようになった。これで大丈夫だろうと思っていたら、今の成績ですよ(笑)。厳しいマークの中で一度ダメになって、その険しい山を越えた。その対応力は本当に素晴らしい。打者としてひと皮むけたように思うね。ホームランも飛距離が出ているし、内容はバレンティン並みだよね(笑)。技術的には変わっていないんだけど、ヘッドスピードがさらに速くなっているし、去年の経験もあるんでしょう。すべての部分で伸びていますよ」(杉村コーチ)