2014.08.23

プロ野球選手100人「人生を変えたスポーツ漫画」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva,
  • special thanks to Shimamura Seiya,YOKOHAMA DeNA BAYSTARS, CHIBA LOTTE MARINES,TOHOKU RAKUTEN GOLDEN EAGLES photo by (c)YOKOHAMA DeNA BAYSTARS

8月特集 すべてのことはスポーツ漫画から学んだ(3)

プロ野球選手100人「人生を変えたスポーツ漫画」(1)

「好きなスポーツ漫画は? 好きな登場人物は?」 プロ野球選手、12球団100人に、大アンケートを実施! 懐かしの『キャプテン』から、現在も連載中の『Dreams』まで、野球漫画の数々の名作も挙がったが、野球以外の種目の漫画に影響を受けた選手も多数いた。現在のプレイスタイルを重ねてみると、コメントがまた、味わい深い。

DeNA多村仁志の豪快なバッティングフォームは『あぶさん』仕込み!?

【DeNA編】
後藤武敏(34歳)
「よく見たのは、『名門!第三野球部』(※1)と『ドカベン』(※2)ですね。どっちが一番かといえば、ドカベンは......いやー、今思い出すと、まったく頭の中に残ってない(苦笑)。やはり、第三野球部ですね。印象に残っているのが、最終回、カウント3-2までいって、チームのキャッチャーがストライクが必要なのに立ち上がって、『ええ?』と思っていたら、ボールはストライクゾーンにきて、キャッチャーがこうやってミットを出してポンと取ってストライク三振でゲームセット! みたいな。驚きでした。好きなキャラは、檜あすなろです。ボロボロになってもやるみたいなところに魅かれます」

梶谷隆幸(25歳)
「よく読んでいたのは『Dreams』(※3)。正直、ありえないことばかりなんですよ(笑)。まず変化球の名前がありえない。魔球エンジェル、無重力ボール、魔球ミーティアとか(笑)。1打席で単行本1冊使うのもあり得ない(笑)。投球練習しているところに、横から打席に入ってホームランにしたり。ホームランも甲子園のバックスクリーンを越えてしまう。しかも高校生! でもそんな規格外のところが楽しかった。
 それでいて、技術的なことをすごく細かく描いてあって、それも別の意味でありえない(笑)」

林昌範(30歳)
「好きな作品は『MAJOR』(※4)です。主人公、茂野が右肩をケガしても、試行錯誤して左投げになったりして。僕は高3の春に足を骨折して、夏の予選に間に合わなかった。そのときに読んだ印象が特に強い。僕もプロを目指していたので、ケガから復活していく姿に勇気をもらいましたね。茂野が好きだったのですが、キャッチャーの佐藤くんや眉村も好きですよね。なんていうんですかね、お互いに負けたくないっていうライバル関係。そういうのがリアルだなあと」

荒波翔(28歳)
「僕が小中学生のころは、今みたいに野球漫画が多くなかった記憶があるんですよね。だから『SLAM DUNK』(※5)ですかね。好きなキャラクターは桜木花道ですね」