2014.08.22

もしプロ野球に「大阪桐蔭OBチーム」があったなら

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

 夏の甲子園で、2年ぶりの全国制覇へ向けて快進撃を続けている大阪桐蔭。そんな後輩たちに負けじとプロの世界で存在感を見せつけているのが、大阪桐蔭出身の選手たちだ。なかでも、西武のドラフト1位ルーキー・森友哉は8月14日のオリックス戦から3試合連続本塁打を放ち、一躍"時の人"となった。

高卒ルーキーながら3試合連続本塁打を放った西武・森友哉も大阪桐蔭OBだ

 それにしても、近年の大阪桐蔭出身者の活躍には目を見張るものがある。西武の主砲・中村剛也はこれまで4度の本塁打王(08年、09年、11年、12年)と打点王(11年)に輝き、現在阪神でプレイしている西岡剛はロッテ時代の2010年に首位打者を、西武の浅村栄斗も昨年打点王を獲得した。この他にも、日本ハムの不動の4番・中田翔、阪神の若きエース・藤浪晋太郎など、球界を代表する選手がゴロゴロいる。

 これだけの選手が揃っているのならば、いっそのこと、大阪桐蔭出身者だけでチームを作ってみたらどうなるか。たとえば、こんな打線が完成する。

1 浅村栄斗(セカンド)/08年西武3位/425試合、打率.280、本塁打45、打点201
2 西岡剛(ショート)/02年ロッテ1巡目/939試合、打率.292、本塁打59、打点344
3 森友哉(ファースト)/13年西武1位
4 中村剛也(サード)/01年西武1巡目/959試合、打率.254、本塁打238、打点615
5 中田翔(レフト)/07年日本ハム1位/482試合、打率.254、本塁打79、打点264
6 平田良介(センター)/05年中日1巡目/434試合、打率.257、本塁打40、打点146
7 丸毛謙一(ライト)/10年巨人育成8位
8 江村直也(キャッチャー)/10年ロッテ5位/64試合、打率.171、本塁打0、打点7
9 藤浪晋太郎(ピッチャー)/12年阪神1位/24試合、10勝6敗、防御率2.75
※選手の通算成績は2013年シーズン終了時のもの

 上位にはタイトルホルダーが並び、クリーンアップもそれぞれのチームで中軸を担う選手ばかり。その破壊力はかなりのものである。解説者の金村義明氏は次のように語る。

「かつてはPL学園、横浜高校出身の選手が球界を席巻していましたが、今は間違いなく大阪桐蔭です。スラッガーだけでなく、アベレージヒッターもいますし、見事なバランスですよね。ピッチャーにしてみれば相当脅威だと思いますよ」