2014.03.26

解説者7人が挙げる「2014年プロ野球、期待の12人」

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 ペナントレースを牽引するチームには、必ず鮮烈な活躍を見せる選手がいる。昨季、パ・リーグで初優勝を飾った楽天では田中将大(現ヤンキース)が無傷の24連勝を記録し、セ・リーグでは新人の菅野智之がエース・内海哲也と並んで巨人投手陣の勝ち頭になった。来たる2014年シーズンは果たして、どの選手がファンを魅了するパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。7人の解説者に、今季イチ押しの選手を訊いた。

オープン戦で打率.360をマークした横浜DeNAの筒香嘉智。

◎与田剛(第2、3回WBC投手コーチ)

「3年前のキャンプで浅村栄斗(西武)を見て、しっかりバットを振れる選手だなと思って、以来、注目してきました。去年打点王に輝き、今年のキャンプ、オープン戦を見ていると、『チームを背負うんだ』という覚悟が伝わってきます。中村剛也にケガが増えてきて、浅村は間違いなくチームを背負っていかなければいけない立場。それに現在の球界を見渡すと、右打者で強い打球を打てる日本人選手は中村、中田翔(日本ハム)……本当に少ないです。浅村も強い打球を打てる打者なので、本当に期待したいですね。セ・リーグでは、筒香嘉智(横浜DeNA)にそろそろ一本立ちしてもらいたいですね。今年は勝負の5年目。ピッチャーから見て嫌なバッターを目指してほしいと思います。よく『自分のスイング』と言いますが、バッターはピッチャーの球に反応して、いかに自分のスイングをできるかが重要です。自分のスイングをできる確率は、本当に少ないものです。筒香には甘いボールは逃さず仕留め、厳しいコースにも対応し、ピッチャーにいろんなことを考えさせるバッターになってほしい。一発もあり、かつミートのうまい打者は、ピッチャーとして本当に嫌なバッターです。これまでの悔しさを晴らす意味でも、今年の筒香に注目したいですね」

◎吉井理人(元日本ハム投手コーチ)

金子千尋(オリックス)に大注目しています。ダルビッシュ有、田中将大に匹敵する実力を持っている割に名前が売れていないので、誰もが知る有名なピッチャーになって欲しいですね。金子の良さは、右バッターへのアウトコースのコントロールがすごくいいこと。真っすぐ、チェンジアップを際どいコースに投げられ、カッター、大きなカーブも勝負球になります。インコースのシュートも素晴らしく、ほぼ完璧なピッチャーです。今季を一軍でフルにすごすとFAの権利がもらえるので、金子もそこを意識してやると思います。そうなると、本当にすごい金子が見られるはず。これぞスーパーエースという姿を見せてほしいですね。バッターで注目しているのは今宮健太(ソフトバンク)です。去年は犠打のパ・リーグ記録を作りましたが、今年はバッティングが飛躍的に向上している。今宮が2番に入ると、首脳陣はランナーが出た時に、バント以外の作戦をとることもできます。攻撃にものすごい幅ができる。そうなると、ビッグイニングを作るチャンスも増えると思うので、今宮の活躍がソフトバンク優勝のカギを握ると思います」