菊池雄星がブルージェイズを離れる可能性大 パドレス移籍でダルビッシュ有とワールドシリーズ出場の夢も

  • 宇根夏樹●取材・文 text by Une Natsuki

 トレード・デッドラインが近づいてきた。今年のデッドラインは7月30日。その期日までに、菊池雄星(トロント・ブルージェイズ)がトレードで移籍する可能性は高い。

 ブルージェイズは現在40勝49敗と負け越し、ア・リーグ東地区の最下位に沈んでいる(7月7日時点)。地区首位のボルチモア・オリオールズに16ゲーム差もつけられた。

 ポストシーズン進出の最後の1枠、ワイルドカードの3番手に位置するボストン・レッドソックスとも8.5ゲーム離れている。レッドソックスとブルージェイズの間には5チームがいるので、状況はゲーム差以上に厳しい。

菊池雄星が今夏のトレードで移籍する可能性は? photo by AFLO菊池雄星が今夏のトレードで移籍する可能性は? photo by AFLOこの記事に関連する写真を見る 開幕前の思惑と違い、ブルージェイズは3年連続ポストシーズン進出を目指すよりも、トレード市場で主力を放出する「売り手」に回ることになりそうだ。すでに一塁手のブラディミール・ゲレーロJr.と遊撃手のボー・ビシェットについては、トレードの噂が飛び交っている。

 もっとも、このふたりがFAになるのは、来シーズンの終了後だ。しかも、どちらも20代なかばと若い。ブルージェイズは来シーズンとその先を見据え、彼らあるいはその一方を手放さず、延長契約を交わそうとするかもしれない。

 だが、菊池は今シーズンが3年3600万ドル(約57億8000万円)の契約最終年だ。ブルージェイズは菊池をトレードで放出すれば、見返りとして選手あるいは金銭を手に入れることができる。

 菊池は今年6月で33歳になった。基本的にはベテランと若手の交換という図式となる。一方、菊池が移籍せずに投げ続けて今シーズン終了後にFA市場に出ると、ブルージェイズが得る見返りは皆無だ。

 昨オフ、ロサンゼルス・エンゼルスはFAとなった大谷翔平にクオリファイング・オファー(1年間の再契約)を申し出た。大谷がそれを断り、ロサンゼルス・ドジャースに入団したことで、エンジェルスはドラフト指名権を得た。

 けれども、この方法は、ブルージェイズと菊池には当てはまらない。クオリファイング・オファーの金額は2000万ドル(約32億1000万円)前後。菊池が申し出を受け入れて残留した場合、ブルージェイズからすると、現在の契約からもわかるように高すぎる年俸となってしまう。

1 / 3

プロフィール

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る