2022.04.23

大谷翔平の打撃は不調なのか。現地記者たちが「問題ない」と断言する理由と数字

  • 澤良憲●文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by AP/アフロ

 投手・大谷翔平がいよいよ本領発揮だ。4月20日(現地時間:以下同)、敵地ヒューストンで行なわれたアストロズ戦に「1番・投手兼DH」として出場したエンゼルスの大谷は、6回1安打12三振無失点で今季初勝利を手にした。

大谷自身も開幕当初は打撃が本調子ではないと自己分析していたが、現在は?大谷自身も開幕当初は打撃が本調子ではないと自己分析していたが、現在は? この記事に関連する写真を見る  アストロズとの対戦は開幕初戦(4月7日)以来、今季2回目。その初戦、大谷は4回2/3を投げて4安打9三振1四球1失点だったが、交代後に指名打者を務めた大谷を含めたエンゼルス打線は不振に終わり、試合は1−3で負け投手になった。

 2回目の先発となった14日のレンジャーズ戦は6失点を喫して2連敗。しかし、20日の大谷は別人だった。昨季の地区優勝チームであるアストロズ打線を相手に、6回1アウトまでパーフェクト。この日、大谷は「自身の状態や相手打線の反応を見ながら配球の割合を変えた」と試合後に語っていたが、それは数字にはっきりと表れていた。

 過去2度の登板はフォーシームが全体の約40%を占めたが、20日のアストロズ戦では主体をスライダーに変更。81球のうち35球で全体の約43%。過去2試合での約30%に比べるとその違いは明らかだ。試合ごとに修正を重ね、理想的な形を追う姿勢が、大谷が進化を続ける理由なのかもしれない。

 一方で打者・大谷についてはどうだろうか。今季は、現時点では少々控えめな印象があるファンも多いかもしれない。それは、13試合で13安打3本塁打9打点17三振、打率.236という打撃成績が理由だろう。

 ただ、ここまでの大谷の打撃成績は、実は昨年の同時期(同試合数)の成績とほとんど変わりない。2021年4月1日から4月16日までの13試合で、17安打4本塁打12打点14三振、打率.333だった。

 確かに開幕直後には、一部の現地メディア関係者から大谷の打撃に心配を寄せる声はあった。『AP通信』のグレッグ・ビーチャム記者は4月12日、自身のSNSで「大谷は今日3三振を喫し、これで今季8個目。(昨季の)ア・リーグMVPのシーズン開幕は24打数で3安打とスランプな状態だ」と発言した。