2021.03.21

現地記者が語る秋山翔吾、筒香嘉智の「合格ライン」。イチロー、松井の2年目とも比較

  • 澤良憲●取材・文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by Kyodo News

 2年ぶりに全162試合で行なわれるMLBも開幕まであとわずか。オープン戦では各チームとも主力のスタメン出場が増え、開幕ロースターが固まってきた。昨季、シカゴ・カブスでナ・リーグ最多勝に輝いたダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)や、初の開幕投手に内定した前田健太(ミネソタ・ツインズ)が高いパフォーマンスを見せ、完全復活を目指す大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)も投打で好調だ。

 一方の野手陣では、秋山翔吾(シンシナティ・レッズ)や筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)の動向に注目したい。共にメジャー2年目にして、初めてのフルシーズンを戦う今季は真価が問われることになるだろう。

勝負のメジャー2年目を迎えるレッズの秋山(左)とレイズの筒香(右)勝負のメジャー2年目を迎えるレッズの秋山(左)とレイズの筒香(右)  昨季、秋山と筒香は適応に十分な時間が取れないまま、全60試合の短縮シーズンを戦った。秋山は「数字は何も満足できるものはなかった」と語り、筒香は「個人的には課題も見つかりました」と自身のインスタグラムに綴っている。

 不完全燃焼で1年目を過ごした2人だが、現地での評価は決して低くない。

 秋山が所属するレッズの地元紙『シンシナティ・エンクワイアラー』で番記者を務めるチャーリー・ゴールドスミス記者は、昨季の秋山を「キャンプ中断でメジャーの投手の球をほとんど見られなかったにもかかわらず、9月には調子を上げ、打率.245を残せたことは賞賛に値します」と高評価。筒香も、レイズ専門メディア『DRAY BAY』のアダム・サンフォード記者は「すばらしい選球眼を見せ、打率.197ながらOBP%(出塁率)で.314をマークしたのが印象的でした」と述べた。

 もっとも、そんな高評価は昨季の変則的な状況を踏まえた上でのもの。2年目、それもフルシーズンとなると現地の見方は変わる。誰もが成績を上げることを期待しているに違いない。

 過去にメジャーでプレーした日本人野手の多くは、2年目で前年を上回る成績を残している。昨季の秋山や筒香と、過去の日本人選手を単純に比較することは難しいが、リードオフマンである秋山はイチロー、パワーヒッターである筒香は松井秀喜と重ねると、4人とも左打者という点でそれぞれのイメージに近いのではないだろうか。