2021.01.24

大谷翔平、今季が二刀流のラストチャンスか。現地記者が語る年俸とその評価

  • 澤良憲●取材・文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by Kyodo News

 MLB各球団はキャンプを間近に控え、戦力を整え始めている。今オフ、サンディエゴ・パドレスは、ナショナル・リーグで最多勝に輝いたダルビッシュ有(前シカゴ・カブス)などのエース級投手を獲得。同地区の宿敵で昨季の覇者、ロサンゼルス・ドジャースに匹敵する大幅な補強に成功したことが話題になった。

 だが、パドレスのようにスムーズに戦力が整った球団は多くない。昨年から続く新型コロナウイルスの影響で、各球団は大幅な赤字に苦しみ、オフのFA市場も停滞した。1月下旬になっても所属球団が決まらない選手や未契約の選手もいる。それぞれの選手は、さぞ落ちつかない気持ちで過ごしていることだろう。

 ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平もそのひとりだ。

昨季は投手、打者の双方で不本意な結果に終わった大谷 今オフ、大谷は年俸調停権を初めて取得した。エンゼルス入団時に23歳だった大谷は、労使規定により年俸調停権を得られる3年目まで、最低保証年俸(54万5千ドル:約5700万円)に近い金額でプレーした。

 今オフ、晴れて大型契約を結ぶことが可能になり、"二刀流"の年俸調停に米メディアは注目した。今季からエンゼルスのGMとなったペリー・ミナシアン氏も「大谷が増額に値する選手であることに同意する」と発言していたことから、大谷の大型契約は早々に決まるとメディアは予想していた。

 しかし、年俸調停権を持つ選手が球団と希望額を交換する期限の1月15日(現地時間)、球団から発表された契約締結選手に大谷の名前はなかった。エンゼルスは期限までに大谷と契約の合意を得られなかった。

 現地の報道によれば、大谷の希望額が330万ドル(約3億4200万円)だったのに対し、エンゼルスの希望額は250万ドル(約2億6000万円)で、両者の間には80万ドルの開きがあるという。二刀流の成績を打者基準で測るか、投手基準で測るか、過去に例のない交渉が難航したことが伺える。