2019.10.04

小島圭市がMLBプレーオフを解説。
成熟のアストロズとドジャースが本命⁉

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • photo by AP/AFLO

 現地時間10月1日から始まったMLBポストシーズン。これからおよそ1カ月間、ワールドシリーズ制覇に向けて熾烈な戦いが繰り広げられる。短期決戦特有の雰囲気のなか、注目すべきポイントはどこなのか。かつてドジャースのスカウトやダイヤモンドバックスの顧問を務めた経歴を持つ小島圭市氏に、ポストシーズンの展望を占ってもらった。

 ポストシーズンのような短期決戦は、先発よりも中継ぎや抑えといったリリーフが重要になります。シーズンは年間トータルの戦いので、先発投手は序盤に3、4点取られても6~7回を投げて試合をつくることを求められます。

 でもプレーオフはそうじゃない。調子が悪かったり、少しでも点を取られるとどんどん代えていきます。長いイニングを投げて試合をつくるのではなく、4~5回を最少失点にとどめ、うしろのピッチャーにつなぐことが任務です。

 当然、リリーフの重要性は増します。シーズンなら、クローザーは基本ひとりですが、ポストシーズンではふたり体制にしたいところです。その日の調子や、対戦相手との兼ね合いを考え、ふたりで8~9回を抑えるイメージです。いずれにしても、リリーフを万全にすることが、短期決戦を制する道だということです。

 今シーズンは、ミネソタ・ツインズやニューヨーク・ヤンキースがシーズン300本塁打を超えるなど、どこのチームも打線が強力でした。ただ、メジャーは莫大な情報を分析して打者の弱点を洗い出し、とくにプレーオフのような短期決戦は徹底的に攻め続けます。

 おそらく今までとはガラリと配球が変わりますので、レギュラーシーズンのように打てると期待しない方がいいでしょう。とはいえ、必ずコントロールミスというのは出てきます。それを逃さずに1球で仕留められるか。技術と集中力の勝負になります。